ボランティア募集の手順


▽ボランティア・ラーニングセンターでボランティアが集まるまで(流れ)▽

1、依頼団体から申請書類が到着

2、センター会議にかけ、学生にふさわしい内容か確認

3、学内広報の開始(岐阜経済大学ではボランティアを専門に扱う正課科目もあります)

4、学生へコーディネート

5、学生からの申し込みを受付

6、依頼団体へまとめて報告(学生本人からの申し込みの場合もあります)

7、当日学生がボランティアに行きます

8、活動内容を指導していただき、学生が活動に参加できるよう促してください。

9、まとめ、解散を指示してください(流れ解散は極力避けてください。)

10、正課科目履修生は「ボランティア実習証明書」を提出します。

11、実習証明書を学生にお渡しいただいたらすべて終了です。


❙依頼の前のお願い

 ボランティアを学生に提供し、締め切るまで一定期間が必要になります。直前でのご依頼になりますと、ご希望にお応えできない場合がございます。

 可能な限り、ご依頼主様の締切日より、1ヶ月以上余裕をもってご依頼いただきますようお願いいたします。

 なお、例年ご依頼をいただいている関係機関様も、同様に余裕をもってご依頼をお願いします。

 

 ※余裕をもってご依頼をいただいた場合でも、ご希望に応じられない場合もございます。